旅について考える

観光中の注意点

観光中の注意点についてまとめましたので参考にしてみてください。
まず、人の多いところではバックを斜めがけにして、バックを入口を自分の前にもってくるようにしましょう。
リュックの場合は、格好が良くなくても前に担ぐことをおすすめします。
ナイフで切り裂いて中身を盗まれることがあります。
なお、欧米人はよくリュックを前に担いでいます。
また、街中で地図を見る時は道の真ん中ではなく、建物の壁に背を向けて地図を見るようにしてください。
そうすることにより、後ろから人が近づいて物を取られるリスクが少なくなります。
そもそも道の真ん中で立ち止まられたら非常に迷惑ですよね。
次に、服に何か付いていると声をかけられても脱いだりしないようにしましょう。
バックもあけないようにしましょう。
どこの国もそうですが、警察による財布検査というものは絶対にありません。
何を言われても絶対に財布を出すことはしないようにしましょう。
ただし、国によっては路上でパスポートチェックは有りえますので、「ひょっとしたら本当の警察かも?」と思ったら場合は、近くの警察まで行くように主張しましょう。
それを拒まれたらニセ警官である可能性が高いです。
国にもよっても違いますが、運転手が路上で声をかけてくるのは白タクの可能性が高いです。
白タクだと非常に法外な金額を請求される場合がありますので、注意しましょう。
例えばイタリアなどは必ずタクシー乗り場から客を乗せることが法律で決まっています。
法を犯す運転手など信用できませんので相手にしないでください。
気をつけたいのが、写真を撮っている時にスリに遭うことがあります。
写真を撮っている時も極力周りを気にするように注意して下さい。
特に、アングルにこだわってカメラを構えてからシャッターを切るまでの時間が長いと、スリの標的になりやすいです。